思っていたよりも収入が低い…なんてグチをこぼしたくなるようなケースもあります。

お店の営業時間に応じて決まっていきますが、基本的に黒服の勤務時間は長いです。


しっかりと勤務していくような真面目さが重要

例えば、お店の営業時間が19時から翌朝1時だとすると、17時頃に出勤して営業前のお店の掃除や準備に始まり、閉店後は後片付けやお酒・備品の発注、会計などがあるため翌朝の4時ごろまで働くことになります。

こうやってみると10時間以上働いていますね…。

いくら月給が高くても、時給換算したり心身のストレスと比べると、低収入になってしまうということもあるようです。

ただし、「めちゃくちゃ拘束時間が長くて、仕事がキツイのなんてありえない」と思われるかもしれませんが、正直なところ、夜の華やかな世界でキレイな女の子たちに囲まれてちやほやされながら、高収入と早い出世が自然とついてくるなんて甘い話はありません。成果を上げるためには、しっかりと勤務していくような真面目さが重要なのではないでしょうか。これってどんな業界、仕事でも同じことですよね。


福利厚生が充実なお店を選ぶ

ほとんどのお店ではバイトや社員の黒服に対して、スーツ貸与や寮完備などの福利厚生を充実したり、お店によっては入社お祝い金をくれたり、帰りに車で送ってくれたりと給料以外のサービスを充実させたりしていますので、トータルでお店を判断しましょう。